つみたてNISAはeMAXIS Slim米国株式たった1本で十分

この記事は約7分で読めます。
お金を積立

どうもアイスです。よしなに!

つみたてNISAでどの商品を選べばいいの?

つみたてNISAを始めたけど、どの商品を選べばいいか分からず悩んでいる人もいると思います。

いきなり結論から言うと、つみたてNISAは「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」これだけ選べば十分です。

ここでは、つみたてNISAにオススメなeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を紹介します。

つみたてNISAについて詳しくは↓こちら↓

スポンサーリンク

つみたてNISAはeMAXIS slim 米国株式(S&P500)だけで十分な理由

つみたてNISAはeMAXIS Slim米国株式(S&P500)だけで十分な理由は以下の通りです。

  • アメリカ経済の成長率が半端ないから
  • 業界最低水準の運用コストを目指しているから
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)1本で十分な分散力があるから

それぞれ詳しく説明します。

アメリカ経済の成長率が半端ないから

1つ目の理由は、単純にアメリカ経済の成長率が半端ないからです。

アメリカの株式市場は世界最大規模です。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)はS&P500指数に連動した投資信託になっています。

S&P500指数とは

米国株式市場の時価総額の約80%をカバーしている、米国の代表的な株価指数のこと。

構成銘柄は、米国市場の500銘柄を対象としている。

主な構成銘柄は、

  • アマゾン
  • アップル
  • フェイスブック
  • マイクロソフト
  • グーグル
  • コカコーラ
  • ウォルトディズニー

有名企業ばっかり!

他にも優良銘柄がたくさん入っています。

そして何より、S&P500は過去何度かあった大暴落から短期間で回復していることが魅力的です。

日本経済は「失われた○○年」のように、大暴落からの回復が難しいです。

S&P500の上位銘柄は、定期的にしっかりと入れ替えが行われている点も信頼できるポイントです。

業界最低水準の運用コストを目指しているから

「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」と似ている投資信託で「iFree S&P500インデックス」というのがあります。

どちらもS&P500指数に連動したほとんど同じ投資信託です。

どっちも同じならiFree S&P500インデックスでもいいのでは?

<strong>アイス</strong>
アイス

1つだけ決定的な違いがあります!

決定的な違いは「運用コスト」です。

運用コストとは、購入時の手数料や年間の管理費である信託報酬のことです。

この運用コストをできるだけ低く抑えることが大切です。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の信託報酬はトップクラスに安いです。(購入時は手数料0円です)

信託報酬がどれほど安いのか、先ほど紹介したiFree S&P500インデックスと比較してみます。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500):0.0968%

iFree S&P500インデックス:0.2475%

※2020年1月29日時点のデータです

このように、ほとんど同じ内容の投資信託でも手数料が倍近く違うのは明らかです。

ちなみに「eMAXIS Slimシリーズ」将来にわたって業界最低水準の運用コストを目指すと宣言しています。

もし他の似たような投資信託の運用コストが安くなっても、追随してeMAXIS Slim米国株式(S&P500)の運用コストも安くなるということになります。

最近では、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)と内容がほとんど同じで、しかも運用コストがさらに安い「SBI・バンガード・S&P500」が登場しました。

このときもSBI・バンガード・S&P500に追随して、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の運用コストが実際に安くなりました。

このような理由により、長期的に投資するつみたてNISAにはピッタリな投資信託だと言えます。

<strong>アイス</strong>
アイス

これなら安心して長期的に積み立てることができますね!

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)1本で十分な分散力があるから

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)だけで本当に大丈夫?

確かに、株式投資の基本は分散投資をすることです。

色々な銘柄に投資をすることでリスクを軽減できます。

分散投資を意識するなら、

  • 米国市場全体に投資できる「楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)」
  • 色々な国に投資できる「楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)」

これらの投資信託を選んだほうが分散投資はできるでしょう。

実際のところ、以上の2銘柄はeMAXIS Slim米国株式(S&P500)と同じくらい人気があります。

楽天VTIを選ぶなら本家VTIのほうが良い

楽天VTIを選択するなら「本家VTI」に投資したほうが3ヶ月に1度、配当金を受け取ることができます。

ちなみに、楽天VTIの配当金は自動で再投資されます。

自分の場合は、本家VTIを購入しています。

つまり、つみたてNISAでeMAXIS Slim米国株式(S&P500)に投資しつつ、普通口座でETFの本家VTIに投資して配当金を受け取っていることになります。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)より楽天VTIの運用コストが少し高い点も気になりますし(それでも0.162%と安いですが)

楽天VTは半分以上が米国株で構成されている

楽天VTは全世界に分散投資できる投資信託と言われていますが、以下の国・地域別構成比をご覧ください。

楽天VTの国・地域別構成比

  • 米国:55.7%
  • 日本:7.7%
  • 英国:5.0%
  • 中国:3.5%
  • カナダ:3.0%
  • フランス:3.0%
  • スイス:2.6%
  • ドイツ:2.5%
  • 豪州:2.2%
  • 台湾:1.5%
  • その他:13.5%

※2020年1月29日時点のデータです

半分以上アメリカで構成されてるんだ・・・

さらに、組入上位10銘柄は全て米国株で構成されています(※2020年1月29日時点)

結局のところ、どれを選んでも経済規模No.1の米国が絡んでくるのです。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)も組入銘柄数は約500銘柄と十分な分散力です。

よって、つみたてNISAはeMAXIS Slim米国株式(S&P500)1本で十分だと言えるでしょう。

<strong>アイス</strong>
アイス

米国が暴落した場合、他の国も一緒に暴落する確率は高いです!

まとめ:つみたてNISAはeMAXIS Slim米国株式たった1本で十分

  • つみたてNISAにおすすめな商品は「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」
  • 理由は、アメリカの経済成長率が半端ないのと、低コストで運用できるから

つみたてNISAで資産を増やすポイントは、

  • 低コストで長期運用
  • 暴落時も淡々と積立

これらのポイントを抑えているのが「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」です。

ぜひ「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」で、つみたてNISAを始めてみてください!

つみたてNISAにオススメな証券会社

もしかして高い手数料を払っていませんか?

つみたてNISAを始めるには、ネット証券のSBI証券がおすすめです。

  • ネット証券口座開設数No.1
  • Tポイントが貯まる、投資できる
  • 手数料が格安
  • 米国株とETFの定期買付ができるのはSBI証券だけ

ネット証券以外の証券会社は、手数料が高額です。

ぼったくりと言っても過言ではありません。

今すぐSBI証券でつみたてNISAを始めましょう!

<strong>アイス</strong>
アイス

もちろん自分もSBI証券で口座を開設してます!





⇒⇒ No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

SBI証券の詳しい特徴は↓こちら↓

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!よしなに!

投資情報投資
スポンサーリンク
フォローお願いします!

このブログは現在何位かな!?

ブログランキング参加中です!よしなに!!

プロフィール
アイス

アイスと申します。
埼玉在住のアニメとゲームが好きな30代のオタク会社員です。
ブログは全くの無知から始めたので少しずつ勉強していきたいと思います。

グーグルアドセンス申請4日後たった6記事で収益化スタート!
アドセンス設置2日間で収益3桁達成!
1日で最高800PV獲得!

どうぞよしなに!

フォローお願いします!
アイスのブログで本当に稼げるのか!?
タイトルとURLをコピーしました