投資詐欺に遭わないために注意すべき4つの見分け方【知らないと危険】

この記事は約5分で読めます。
投資詐欺

どうもアイスです。よしなに!

  • 投資詐欺の見分け方は?
  • 投資で失敗したくない

このような悩みを解消します。

みなさんが投資を始めた最大の理由は、お金を増やしたいからですよね。

しかし投資の世界には、この「お金を増やしたい気持ち」に付け込んだ、投資詐欺や悪徳な投資商品がうじゃうじゃあります。

なのでここでは、投資詐欺に遭わないために注意すべき4つの見分け方を紹介します。

本記事を参考にすると、投資詐欺や悪徳な投資商品の見分け方が理解でき、上手に資産運用ができるようになります。

記事の内容
  • 投資のおいしい話は99%詐欺
  • 投資詐欺の常套手段
  • 投資詐欺 4つの見分け方
  • 投資で失敗しないために
スポンサーリンク

投資のおいしい話は99%詐欺

最初に言っておきますが、投資にはリスクがあります。もちろん、元本割れする可能性もあるでしょう。

残念ながら投資の世界では、リスクや不安につけこんで「もっと安全で確実に儲かる方法があります」などと、甘い言葉で誘惑してくる人が必ずいます。

この手のおいしい魅力的な話は、現実世界やインターネットなど関係なく、あらゆる場所から誘惑してきます。

もし本当なら非常においしい話ですが、このような話は99%詐欺だと言えます。

投資で損をするならまだしも、詐欺にあって投資金がなくなってしまっては意味がありません。

投資詐欺の常套手段は「ポンジ・スキーム」

投資詐欺の常套手段は、「ポンジ・スキーム」という手口です。

ポンジ・スキームとは、

「利回り100%!1年で資金が倍に!」

「絶対確実!」

「元本保証100%!」

などと、甘い言葉で誘惑してきます。

その言葉に騙されて投資すると、他の騙された人から投資してもらったお金の一部を「配当金」という名目で、毎月渡されます(実際に利益は出ていません)

言った通りの利益を相手に渡すことで、自分を信用させるのです。

ここで信用してさらに、投資金額を増やすとある日突然、勧誘してきた相手と連絡が取れなくなり配当金も止まります。

この時、被害者は初めて詐欺に遭ったと気がつくのです。

このような「確実に儲かる話」は無いと心得ましょう。

スポンサーリンク

投資詐欺 4つの見分け方

投資詐欺の手口を理解しても、見分け方を知らなければ騙されてしまう可能性があります。

見分け方は、以下の通りです。

  • 手数料の相場を知る
  • 利回りの相場を知る
  • 毎月分配型を選ばない
  • 大手金融機関でも信用しない

順番に説明します。

手数料の相場を知る

手数料は一見少なく感じますが、長期的に投資をすると大きな差になります。

例えば、投資信託の手数料は、購入手数料と信託報酬があります。

購入手数料は無料のもの、信託報酬は0.1%~0.3%ぐらいが相場です。

しかし世の中には、この相場の10倍や20倍の手数料で取引されている商品が存在します。

そして驚くことに、それがぼったくり商品だと気がつかないで投資している人もいるのです。

手数料の相場を知るだけで、防げることなのにもったいないですね。

利回りの相場を知る

世の中にうじゃうじゃ存在する悪徳商品を見抜くには、期待利回りの相場を知ることが大事です。

世界一の投資家で有名なウォーレン・バフェットさんの平均利回りは、「22.6%」です。これを高いと見るか、低いと見るか。

分かることは、この数字を超えている利回りの商品は、基本的に全てぼったくり投資商品だということです。

目安として、利回り10%を超えている商品は、よく調べてから購入を検討することをおすすめします。

毎月分配型を選ばない

毎月分配型の投資信託は、日本人の投資家(特に年配の方)だけに人気があります。

人気の理由は、毎月分配金が支払われるため、年金の代わりになると考えているからです。

しかし実際は、運用して得た利益から分配金が支払われているのではなく、自分達が投資した運用資金から分配金を支払っているケースがほとんどです。

このような投資信託は、飢えを凌ぐために自らの足を食べてしまうタコに似ているので「タコ足配当」と呼ばれています。

タコ足配当は利益が出なくても毎月、運用資金から分配金を支払うため、基準価格が下がっていきます。

最終的に運用資金が減ってしまうので、運用効果は何も残らなくなります。

ですので、毎月必ず分配金が支払われる投資信託には、手を出さないようにしましょう。

大手金融機関でも信用しない

銀行・総合証券会社・保険会社といった金融機関には、違法な悪徳商品はもちろんありません。

しかし、大手だし合法的な投資商品だからといって、金融機関が勧めてくる商品を買ってはいけません。

金融機関が勧めてくる商品は、金融庁がダメ出しをするくらい酷いものです。

理由は、どの商品も高額な手数料を取られてしまうからです。

商品を購入するときの手数料や、保有中の手数料など、どれも高額な手数料をとられます。

外貨預金をした場合は、外貨に両替する両替手数料が取られるのですが、これも高額です。

手数料が高額な理由は、商品を購入するまでに余計な人件費がかかっているからです。

これらの手数料は、金融機関で働いている社員のお給料となります。

なので社員は、必死に高額商品を勧めてくるのです。

大手金融機関は、違法な詐欺商品はありませんが、真面目にぼったくり商品を売りつけてきます。

ぼったくり商品なのに「銀行や保険会社のおすすめ商品だから・・・」などと、容易に購入しないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

投資で失敗しないために

詐欺や悪徳商品以外にも、投資で失敗してしまう場合があります。

失敗を回避するためには、投資の失敗例を学ぶことが大切です。

下記記事で投資の失敗例を紹介しています。

まとめ:投資詐欺に遭わないために注意すべき4つの見分け方【知らないと危険】

世の中にある99%の投資商品は、投資詐欺か悪徳商品ですが、見分け方さえ分かれば残りの1%の投資商品を見つけることは簡単です。

本記事が、投資先で悩んでいる人の参考になると嬉しいです。

みなさんの投資生活が、豊かになりますように。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!よしなに!

投資情報投資
スポンサーリンク
フォローお願いします!

このブログは現在何位かな!?

ブログランキング参加中です!よしなに!!

プロフィール
アイス

アイスと申します。
埼玉在住のアニメとゲームが好きな30代のオタク会社員です。
ブログは全くの無知から始めたので少しずつ勉強していきたいと思います。

グーグルアドセンス申請4日後たった6記事で収益化スタート!
アドセンス設置2日間で収益3桁達成!
1日で最高800PV獲得!

どうぞよしなに!

フォローお願いします!
アイスのブログで本当に稼げるのか!?
タイトルとURLをコピーしました