貯金と投資の最適な割合は?年代別に紹介

この記事は約6分で読めます。
貯金と投資の割合を計算する

どうもアイスです。よしなに!

  • 貯金と投資の割合ってどれくらい?
  • 年代で違うの?

このような疑問を解消します。

貯金と投資の割合は、投資を始める前に必ず決めておくべき重要なことです。

ここでは、貯金と投資の最適な割合を、年代別に紹介します。

本記事を参考にすると、貯金と投資の割合が理解でき、上手に資産運用することが可能になります。

記事の内容
  • 貯金と投資の最適な割合
  • 投資を始める前に
  • 投資で失敗しない為に知るべきこと
  • 初心者におすすめな投資方法
スポンサーリンク

貯金と投資の最適な割合

最初に言っておきますが、貯金と投資の最適な割合は人それぞれ違います。

これから紹介する割合は参考程度に受け止めて、自分で細かく調整してください。

  • 20代 貯金20%・投資80%
  • 30代 貯金30%・投資70%
  • 40代 貯金40%・投資60%
  • 50代 貯金40%・投資60%
  • 60代 貯金70%・投資30%
  • 70代 貯金90%・投資10%

投資は若い世代から始めていると、将来的に大きな利益を得られる可能性が高くなります。

従って、20代の頃は収入のほとんどを投資に回したほうが良いと言えます。

年代が上がるにつれて家族ができ、色々な保険やマイホームの購入を検討する人もいると思います。

そのような場合は、投資の比率を減らして貯金の比率を上げましょう。

そして定年後は、投資の割合を減らし、少しずつ現金化して切り崩して生活するのが理想的です。

基本的な考え方は、「若い世代=投資比率を高く、年齢を重ねるごとに=貯金比率を高く」することです。

投資を始める前にお金を用途別に分ける

貯金と投資の最適な割合を紹介しましたが、ここでいきなり投資を始めると、後に自分自身を苦しめてしまう可能性があります。

あとで後悔しない為、投資を始める前にお金を用途別に分けましょう。

用途別に分けることにより、いくらまで投資に回せるかが把握しやすくなるからです。

それでは、お金を以下の3種類に分けてみましょう。

  • 生活費
  • 将来的に必要なお金
  • 余裕資金

順番に説明します。

生活費

まずは、食費・家賃・光熱費などの生活費を分けましょう。

生活費は毎月必ず支払うお金です。

絶対に確保しておくようにしてください。

将来的に必要なお金

次は、結婚式・子供の教育費・マイホームやマイカーの購入などの、将来使う予定のお金です。

このような遠い未来に使う予定のお金も、絶対投資に回してはいけません。

特に、マイホームを購入する為に貯めたお金を、投資に使って失敗した話はよく聞きます。

ちなみに、家族・家・車・結婚は「人生の4大コスト」と呼ばれていて、これらをカットすると1.7億円も節約することが可能になります。

節約した分を投資に回せば、かなりの利益が得られるかもしれませんね。

余裕資金

余裕資金とは、上記2種類の用途で使うお金を除いた資金のことです。

簡単に言うと、使う予定がないお金のことですね。

この余裕資金を投資に回すのが、一般的な考え方です。

スポンサーリンク

投資は生活防衛資金を確保してから始める

投資は、必ず生活防衛資金を確保してから始めましょう。

生活防衛資金とは、リストラで職を失った場合や、ケガ・病気で働けなくなった場合に、収入が無くても生活していけるお金のことです。

投資にはリスクがある

投資は失敗するリスクがあります。

最悪の場合、元本割れして投資資金が戻ってこない可能性もあります。

このように投資が失敗した場合、万が一収入が途絶えたら生活していけなくなります。

ここで生活防衛資金があると、慌てなくて済むのです。

生活防衛資金はいくら必要?

生活防衛資金は、一概にいくら必要だと言えません。

家族構成によって金額が変わるので、人それぞれ違います。

独身の場合

独身の場合、一人暮らしか実家暮らしかで生活費に大きな違いがあります。

また扶養家族がいなく、出費が一人分だけなので必要以上に確保する意味はありません。

目安として、生活費の3ヶ月から1年分ぐらいを生活防衛資金と考えましょう。

夫婦の場合

夫婦の場合、共働きや子供がいるかなどで、生活費に大きな違いがあります。

共働きなら無収入状態になる可能性は低いでしょうし、子供の年齢にもよりますが、教育費など子供ならではの出費が増えます。

目安として、生活費の1年から2年分ぐらいを生活防衛資金として考えましょう。

ただ、子供が多い場合は何が起きても対応できるよう、多めに確保しておきましょう。

生活防衛資金を投資に使ってはいけない

先ほども説明したように、生活防衛資金は収入が無くなっても生活していけるお金のことです。

このお金は、「絶対」投資に使ってはいけません。

投資の基本は、余裕資金を投資金にすることです。

「無くなったら困る!」というお金を投資しないようにしましょう。

貯金が少ない人はお金を貯めることから始めよう

そもそも貯金が少なくて、生活防衛資金が貯まっていない人もいるでしょう。

そのような人は、まずお金を貯める習慣を身に付けることから始めましょう。

生活防衛資金を確保してから、投資を始めたほうが確実に安心です。

下記記事では、簡単にお金を貯める方法を紹介しています。

スポンサーリンク

投資で失敗しない為に知るべきこと

最後に、投資で失敗しない為に知ってほしいことがあります。

それは、投資の失敗例です。

実は投資での失敗というのは、ほとんどが共通しています。

下記記事で紹介している失敗例され理解すれば、同じような失敗を回避することが可能です。

初心者におすすめな投資方法

投資を始めるのにおすすめな投資方法とかある?

アイス
アイス

少額から投資できる「つみたてNISA」がおすすめです!

つみたてNISAは、毎月の投資金額が少額なので爆発的にお金が増えることはありませんが、無理のない金額で投資を実践し学ぶことができます。

さらに、つみたてNISAで得た利益は非課税なのでお得です。利用しない理由は無いでしょう。

詳しいつみたてNISAの情報は↓こちら↓

まとめ:貯金と投資の最適な割合は?年代別に紹介

結局のところ、貯金と投資の最適な割合は人それぞれということになります。

ただ、言えることは「生活防衛資金が必要」なのと、「余裕資金で運用する」ことです。

色々な経験や学習を経て、自分なりの運用資産ポートフォリオを完成させましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!よしなに!

投資情報投資
スポンサーリンク
フォローお願いします!

このブログは現在何位かな!?

ブログランキング参加中です!よしなに!!

プロフィール
アイス

アイスと申します。
埼玉在住のアニメとゲームが好きな30代のオタク会社員です。
ブログは全くの無知から始めたので少しずつ勉強していきたいと思います。

グーグルアドセンス申請4日後たった6記事で収益化スタート!
アドセンス設置2日間で収益3桁達成!
1日で最高800PV獲得!

どうぞよしなに!

フォローお願いします!
アイスのブログで本当に稼げるのか!?
タイトルとURLをコピーしました