Uber Eats(ウーバーイーツ)で効率良く副業しませんか?

この記事は約6分で読めます。
デリバリー

どうもアイスです。よしなに!

最近は、さまざまな副業方法があります。

その中の1つ「Uber Eats配達パートナー」を皆さんは知っていますか?

Uber Eatsは、人気飲食店のメニューを簡単に注文できるサービスです。

注文された商品を、お客さんまでお届けするのが「Uber Eats配達パートナー」です。

ここでは、Uber Eats配達パートナーについて詳しく紹介します!

Uber Eatsとは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、簡単に言うとフードデリバリーサービス(出前)のことです。

世界規模でタクシーの配車サービスを展開している「Uber」が運営していて、既に海外では頻繁に利用されていました。

現在、世界中の100以上の都市でサービスが展開されています。

日本では2016年に東京、その後、関東南部や関西にもサービスが順次拡大しています。

有名店や人気チェーン店など多数の店舗と提携しているのが特徴です。

提携している店舗には、行列の出来る有名店もあるので行列に並ばずにデリバリーで手軽に楽しめる点も魅力的です。

Uber Eats配達パートナーとは?

Uber Eatsは、注文者・飲食店・配達パートナーの3者を繋ぐ仕組みを提供しています。

その中の配達パートナーが、ここで紹介する副業です。

普通の出前は、飲食店で働いている従業員がデリバリーをします。

しかしUber Eatsの場合は、Uber Eats配達パートナーシステムに登録した「一般の人」がデリバリーをします。

スキマ時間を活用して、配達業務と言う副業を行っている人達です。

つまり、好きな時に好きな分だけ副業ができるのです。

最近街中で、黒色や緑色の四角いバッグを背負って、自転車やバイクを運転している人を見かけませんか?

彼らがUber Eats配達パートナーです。

稼ぐぞ~!

店側は、彼ら配達パートナーにデリバリーを依頼することで、デリバリー人員やデリバリーするためのバイクなどの経費を浮かせることができます。

何より、ランチタイムなどに店内が満席でも売り上げを伸ばせるので、店舗にとって非常に大きいメリットになります。

そしてスキマ時間に配達することで、配達パートナーも手軽に稼げる可能性があるというWin-Winの関係が築けます。

今後もサービスエリアや提携店舗は拡大していくでしょう。

Uber Eats配達パートナーはこんな人におすすめ!

Uber Eats配達パートナーの最大の特徴は、18歳以上の人なら誰でも配達パートナーになれることです。

特に以下の人にはおすすめです。

  • スキマ時間を有効活用できる人
  • ダイエットしたい人
  • 土地勘がある人

理由を順番に説明します。

スキマ時間を有効活用できる人

Uber Eatsは、好きな時間に好きなだけ副業することができます。

つまり、自分のスキマ時間を有効活用できる人にとってピッタリな副業と言えます。

しかしUber Eatsは、ランチやディナータイム以外の時間は頻繁に仕事があるわけではありません。

待機時間に別の副業をして、スキマ時間を有効活用できるとさらにお金を稼げる可能性があります。

スキマ時間にやるオススメの副業は「エリクラ」です。

エリクラについて詳しくは↓こちら↓

ダイエットしたい人

自転車で配達する人限定ですが、かなりのカロリーを消費するのでダイエットしたい人にはおすすめです。

普通ダイエット目的でライザップなどのジムに通うには、高額な会費を支払う必要があります。

その点、配達パートナーなら自転車で運動しながら副業ができます。

とてもお得だと思いませんか?

土地勘がある人

Uber Eats配達パートナーで稼ぐコツは、効率よく配達件数を増やすことが大切です。

件数を増やすには、その土地に詳しくなることが必要です。

近道や人が多い道を避けられる、土地勘のある人のほうが配達スピードが早くなります。

Uber Eats配達パートナーの流れ

Uber Eats配達パートナーになるには、まずUber Eats無料登録をします。

その後、説明会へ参加して配達バッグを受け取ります。

あとは以下の流れの通りです。

  1. 専用アプリで仕事が来るのを待つ
  2. 配達依頼を受ける
  3. お店に向かい商品を受け取る
  4. 利用者まで届ける

配達の流れはシンプルにこれだけです。

詳しく説明します。

専用アプリで仕事が来るのを待つ

サービス提供エリアで、専用アプリを起動し「出発」ボタンを押すと、オンラインモードに切り替わります。

これで準備完了です。

あとは、お店から配達依頼が来るのを待ちます。

需要の高いランチタイムやディナータイム中の配達待機時間は約10分以内で、それ以外の時間帯は配達依頼を1時間以上待つ場合があります。

平日より土日祝日、晴れている日より雨や雪が降っている日の方が、需要は高くなります。

配達依頼を受ける

配達依頼が来るとアプリに通知がきます。

アプリの画面では、現在地からお店までの移動時間が表示されます。

この情報を元に、依頼を受け付けるか判断します。

<strong>アイス</strong>
アイス

もちろん依頼を拒否することもできます!

お店に向かい商品を受け取る

配達依頼を受けたら、お店に商品を受け取りに向かいます。

アプリの画面に、現在地からお店までの道のりが表示されます。

お店の場所が分からない場合は、連絡先が載っているのでお店に電話しましょう。

無事お店に着いたら商品を受け取り、Uber Eatsから支給された配達バッグに商品を入れましょう。

準備ができたら、アプリの「配達を開始する」ボタンを押して配達開始です!

利用者まで届ける

あとは料理を注文した利用者まで届けるだけです。

配達先はマンションやビルが多く、配達先の部屋番まで詳しく書いてない場合もあります。

場所が分からなくなったら、先ほどと同じようにお客さんの連絡先が載っているので電話しましょう。

無事に商品を届けたら、アプリの「配達済み」ボタンを押して配達完了です!

Uber Eats配達パートナーはどれくらい稼げるの?

Uber Eats配達パートナーの気になる報酬金額ですが、平均時給1,000円です。

土地勘のあるベテランの人だと時給2,000円を超える人もいるそうです。

※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります

基本料金は以下の3つで決まります。

  • お店で商品を受け取った料金
  • 注文者に商品を届けた料金
  • 走行距離

ここからUber Eatsへの手数料が引かれた金額が、報酬として貰えます。

基本料金は場所によって違います。

実はこの基本料金には、さまざまなボーナスが追加されるのです。

注文の多い時間帯や休日は配達報酬が多くなる「ブースト」ボーナスが追加されます。

一定回数の配達件数をこなすと追加報酬が貰える「クエスト」もあります(ゲームみたいですね)

ほかにも色々ボーナスがあります。

これらを上手く利用して1日ガッツリやれば、日給20,000円ぐらい稼げる可能性もあります。

まとめ:Uber Eats(ウーバーイーツ)で効率良く副業しませんか?

Uber Eatsの配達パートナーは、慣れてきて土地勘がついてくると一気に稼げる金額が増えるようです。

1日に30件以上配達する猛者も出てきているようなので、これからもサービスは拡大していくでしょう。

副業で少しでもお金を稼ぎたい人は、Uber Eats配達パートナーをやってみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!よしなに!

副業
フォローお願いします!

このブログは現在何位かな!?

ブログランキング参加中です!よしなに!!

プロフィール
アイス

アイスと申します。
埼玉在住のアニメとゲームが好きな30代のオタク会社員です。
ブログは全くの無知から始めたので少しずつ勉強していきたいと思います。

グーグルアドセンス申請4日後たった6記事で収益化スタート!
アドセンス設置2日間で収益3桁達成!
1日で最高800PV獲得!

どうぞよしなに!

フォローお願いします!
アイスのブログで本当に稼げるのか!?
タイトルとURLをコピーしました