VYMの構成銘柄や配当利回りは?他の高配当ETFとの違いも紹介

この記事は約6分で読めます。
長期投資

どうもアイスです。よしなに!

  • VYMってどんなETF?
  • 構成銘柄や配当利回りは?
  • 他のETFとの違いも知りたいな

このような疑問に応えます。

VYMとは、多くの高配当株に幅広く分散投資するのが魅力の米国高配当ETFです。

ここでは、VYMの構成銘柄や配当利回りに加え、他の高配当ETFとの違いを詳しく紹介します。

本記事を参考にすると、VYMの特徴を詳しく理解でき、あなたが購入するべき高配当ETFが分かります。

記事の内容
  • VYMとは?
  • VYMの上位10銘柄
  • VYMのセクター比率
  • VYMの配当金推移
  • VYMと他の米国高配当ETFとの違い
  • VYMはこんな人におすすめ
  • VYMを購入するのに便利な証券会社
スポンサーリンク

VYMとは?

VYM(正式名称:バンガード・米国高配当株式ETF)とは、世界第2位の資産運用会社バンガード・グループが運用するETFです。

指数FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス
設定日2006/11/10
構成銘柄数約400
経費率0.06%
配当回数年4回
直近配当利回り4.10%

※2020年3月時点

どの米国ETFにも言えることですが、経費率が格安です。

特にバンガード・グループのETFは、資産規模が大きくなると、信託報酬(経費率)の見直しが行われます。

参考までに、2016年の経費率は0.09%でしたが、2020年現在では値下げされて0.06%となっています。

例えば、100万円投資したとしても、1年間の費用は600円です。

1日あたり、わずか1.6円です。

こんなに安すぎると、逆に不安になりますね(笑)

VYMの上位10銘柄

VYMの上位10銘柄は以下の通りです。

銘柄セクター比率
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー金融3.816%
ジョンソン・エンド・ジョンソンヘルスケア3.764%
P&G生活必需品2.950%
AT&T通信サービス2.709%
インテル情報技術2.547%
ベライゾン・コミュニケーションズ通信サービス2.362%
エクソンモービルエネルギー2.295%
コカ・コーラ生活必需品2.161%
メルクヘルスケア2.055%
ファイザーヘルスケア1.959%

※2020年3月時点

VYMは上位10銘柄で、全体の約27%を占めていて、どの株も超が付くほどの優良企業株となっています。

どの株も、名前ぐらいは聞いたことがある企業ではないでしょうか?

その理由は、VYMが配当利回りが市場平均を上回る大型株を中心に構成されているからです。

また、高配当な大型株を中心に構成されているにも関わらず、構成銘柄数が約400銘柄と多いので分散力の高いETFと言えるでしょう。

VYMのセクター比率

VYMのセクター比率は以下の通りです。

金融18.3%
消費財14.4%
ヘルスケア14.1%
テクノロジー10.6%
公益9.5%
消費サービス9.2%
資本財8.3%
石油・ガス7.1%
電気通信5.2%
素材3.3%

※2020年3月時点

VYMは、景気に敏感な金融セクターの比率が1番多いのが特徴です。

そして、不況時にも強い消費財セクターやヘルスケアセクターを2番目と3番目に比率を多くすることで、うまくリスクを分散しています。

つまり、不景気でも強いディフェンシブセクターの比率が多いので、配当金を目的とした長期保有に適したETFと言えるでしょう。

ちなみにVYMは、不動産セクターを含んでいません。

VYMの配当金推移

VYMの配当金推移は以下の通りです。

2019年2.8418ドル
2018年2.6492ドル
2017年2.4011ドル
2016年2.2060ドル
2015年2.1490ドル
2014年1.9080ドル
2013年1.7490ドル
2012年1.5930ドル
2011年1.3270ドル
2010年1.0910ドル
2009年1.1680ドル
2008年1.4430ドル
2007年1.3570ドル

配当金は年に4回で、3月・6月・9月・12月に支払われます。

VYMの配当金は、表を見ても分かる通り、リーマンショックの暴落時以外は、順調に増配を続けているので右肩上がりです。

ちなみに直近利回りは、4.10%と高水準となっています。

アイス
アイス

リーマンショックを乗り越えた実績は非常に心強いですね!

スポンサーリンク

VYMと他の米国高配当ETFとの違い

「VYM」の他に、競合する米国高配当ETFは、「SPYD」と「HDV」があります。

VYMと他の米国高配当ETFとの違いを、簡単に説明します。

VYMSPYDHDV
配当利回り4.10%7.67%4.64%
銘柄数3998075
経費率0.06%0.07%0.08%

※2020年3月時点

経費率は、VYMが1番安く見えますが、その差はほとんどありません。

それにしてもどのETFも低コストですね。ここが投資信託よりもETFの優れた部分だと言えるでしょう。

VYMは他の2種類より直近配当利回りは低いですが、構成銘柄数が約400と幅広く分散していて、さらに増配率が高いのが強みです。

現在の配当利回りはHDVのほうが高いですが、その差は年々小さくなっています。

SPYDは全体の約2割が不動産セクターですが、VYMは不動産セクターを含んでいないところも違いますね。

VYMはこんな人におすすめ

VYMの配当利回りはSPYDとHDVに負けますが、景気に敏感な不動産セクターを一切含んでなく、ディフェンシブな銘柄が多く含まれているので非常に安定しています。

さらに増配率が高く、分散力もあるので長期的に安定した配当を狙いたい人にぴったりなETFだと言えるでしょう。

まとめ:VYMの構成銘柄や配当利回りは?他の高配当ETFとの違いも紹介

VYMは、配当利回りが他の米国高配当ETFに比べて低いですが、最も癖が無く安心して長期的に保有するのに向いているETFです。

そして、分散力と増配率の高さに加えて過去の暴落を乗り越えた実績もあります。

仮に、このままの増配率が続くなら、数年後にはトップの配当利回りになる可能性が高いでしょう。

数年後の配当利回りに期待したい人はぜひ購入を検討してみてください。

VYMを購入するのに便利な証券会社

VYMを購入するなら、ネット証券がおすすめです。

実際に店舗がある総合証券会社や、銀行はほとんどぼったくりのような手数料です。しかし、ネット証券なら余計な人件費がない分、手数料が格安です。

特にVYMを購入するなら、ネット証券の SBI証券 がおすすめ。

手数料も格安だし、定期買付を設定すれば、自動でVYMを購入してくれるので手間が省けます。

ちなみに、VYMの定期買付サービスはSBI証券だけの機能です。

この機会にぜひご利用ください。

今なら口座開設でTポイントが貰える

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!よしなに!

↓米国高配当株に投資するなら読むべき本です↓

投資情報投資
スポンサーリンク
フォローお願いします!

このブログは現在何位かな!?

ブログランキング参加中です!よしなに!!

プロフィール
アイス

アイスと申します。
埼玉在住のアニメとゲームが好きな30代のオタク会社員です。
ブログは全くの無知から始めたので少しずつ勉強していきたいと思います。

グーグルアドセンス申請4日後たった6記事で収益化スタート!
アドセンス設置2日間で収益3桁達成!
1日で最高800PV獲得!

どうぞよしなに!

フォローお願いします!
アイスのブログで本当に稼げるのか!?